なんとなくカリフォルニア

<   2004年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧




タイ旅行の思い出

連日、スマトラ沖地震の被害について報道されていますが、その中でもタイのプーケット島とピピ島の映像を見るのは本当に、つらいです。
と言うのも、私たち夫婦はこの6月末に2週間ほど、新婚旅行でタイに行ったばかりなのです。
b0011412_13281676.jpg

あの美しい島が、そして笑顔の美しい現地の人々が、今回の被害にあったかと思うと、胸が痛みます。
災害に巻き込まれて命を失った人々の冥福を祈ると共に、一日も早い被災地の復興を祈らずにはいられません。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-30 13:43 | ちょっとだけ真面目な話

クリスマス

ちょっと、更新をサボりました。
例年、クリスマスには夫の実家のあるウィスコンシン州ミルウォーキーに帰るのですが、
今年は、のろのろしているうちに飛行機のチケットが取れず、カルフォルニアで過すことに。
それを聞いた夫の友人のトニーが、アリゾナから遊びにやってきました。

クリスマスイブは、サンクスギビングもパーティーに呼んでくれるイタリア系アメリカ人の家族と長姉夫婦の家でパーティー。
例のごとく、春巻きを作り、今回は揚げワンタンも作って持参。
いい加減飽きられると、思っていたのですが、彼らによると、既に「Tradition」なのだそうです。(ということは来年も春巻き??)
まぁ、とっても喜んでくれるので、良いとしましょう。
結局、彼らの家には友人や近所の人が次々と顔を出し、とっても賑やかなイブでした。

そして次の日は、またしても同じメンバーで、今度は次姉夫婦の家でパーティー。
大きな鉄板3個分のラザニアをメインディッシュにワインにケーキにと、舌鼓を打ちました。
食後は子供たちが、クリスマスツリーの下に、集められたプレゼントをワイワイ言いながら開けていきます。
そのときの子供たちの顔のキラキラしていることといったら!!
ホント、かわいかった。
子供たちがプレゼントの送り主のもとへ、KissとHugをしに行く光景はとっても和やかでほのぼのして、みんな幸せな気持ちになりました。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-30 13:08 | ありふれた日常

結婚式

日曜日、友人の結婚式に行ってきました。
これは、リングベアラーとフラワーガール。
b0011412_1162747.jpg

そして、ウエディングケーキ。
b0011412_1164138.jpg

これは、花嫁が手作りしたテーブルのセンターピースの飾り。
b0011412_1171361.jpg

そしてこれは、ブライズメイド用のブーケ。
b0011412_1173370.jpg


ブライズメイドだった私は、結婚式開始の1時間前から、披露宴会場の飾り付けや、会場のコーディネーターと打ち合わせ。
花婿は、早々にベストマンと一緒にやってきたのですが、式の30分前になっても花嫁が現れず。みんなが心配している頃に、彼女が登場。
彼女のお兄さんと、彼女の母親が一緒でした!!
ところが、彼女のストレスが頂点に達しているようで、かなり殺気立ってました・・・・・。
とりあえず、荷物を降ろしたり、彼女が持ってきた飾り付けを披露宴会場に設置したりと、いろいろお手伝い。
着替えは彼女の母親とメイドオブオナーが手伝っていたのですが、この2人相性が悪い・・・・・。結局母親だけが残って手伝うことに。
ところが、ちょっとのぞいてみたら、何にもしてあげない母親。
彼女のさっきは頂点に達してました・・・・。
とりあえず、できることは何でも手伝って、彼女を落ち着かせ、母親には、会場の方に移ってもらうことに。
その途端、彼女の母親に対する不満が流れ出てきました。
彼女によると、「母親は土曜日に来る。」と知らされていた兄は、もし、母親が電話したときに彼が電話をとらなかったら、母親は結婚式には来ないと言われたらしいのです。そこで、兄は朝からずっと携帯を肌身離さず。それでも、電話はならず。
やっと午後6時半を回った頃に、母親から電話。
「今からサンディエゴを出るから。」とのこと。サンディエゴから彼女の住む町まで、少なくとも2時間半はかかります。
結婚式は午前中だったので、彼女は10時半ごろには就寝するつもりだったのですが、
その予定は母親の到着により変更。
彼女の家についてからがまたひと悶着で、10時半に母親がお腹がすいたと言い出し、
しかも彼女の家にあるものは食べたくないと言い張る・・・・・。
誰かにスーパーに行ってもらって、食材を買ってきて欲しいと言い張る始末。
彼女の兄は、コロラド在住なので、近所のことはわからず、彼女にいちいち聞いてきます。
なんだかんだで、その晩は就寝。
次の朝がまた、ひと悶着。
美容師が、予定より時間がかかってしまったうえに、彼女は髪型とメイクが気に入らないよう。その上、母親が持ち前のわがままを発揮。
もう、大変でした・・・・・。

それでも、式が始まったら、彼女はさすがに緊張したのか紅潮気味。
式はとても厳かに、そして和やかに終わりました。
b0011412_111256.jpg

そして、披露宴会場でパーティー。
ベストマンの乾杯に始まって、ファーストダンス、ケーキカット、和やかに談笑の末、パーティーは幕を閉じました。

母親の登場は、彼女にとって嬉しくもあり、そして悲しくもあり、複雑だったようです。今回の騒動で、彼女の夫は、完全に彼女の母親に対して愛想を尽かしてしまったようです。
彼らのこれからは、家族として彼女の母親にどうかかわっていくかなど、前途多難です。
でも、2人はとても幸せそうだったので、2人で力をあわせて乗り切っていくことでしょう。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-21 01:22 | ありふれた日常

クリスマスデコレーション

土曜日に、お隣のご夫婦と立ち話をしていたら、クリスマスデコレーションが終わったから見に来ないかと誘われました。今まで、玄関先で立ち話はあったのですが、家の奥まで入るのは初めて。
彼らは60代後半のご夫婦なのですが、その日の夜はお孫さんたちが集まってちょっと早めのクリスマスパーティーをするとのことで、飾り付けにも気合が入ってしまいました。
その中でも目を引いたのが、このミニチュアビレッジコレクション。
彼女によると5年前からこつこつと集め始めたそうです。
電気仕掛けの小さな家々が、かわいらしいでしょ?
b0011412_10534865.jpg

これはその拡大図。スケートリンクで子供がスケートをしていたり、細かい細工がされています。
b0011412_1054035.jpg

例年は、5本のクリスマスツリーを飾るそうですが、今年はこのビレッジコレクションのおかげで3本だけ。(1本しかもっていない私にしたら3本も?!って感じなのですが、彼女にしたら「3本だけ」なのです。)
彼女のすごいのは、一つ一つの木にテーマを決めて飾り付けをしています。
これはLladroの飾りで統一されたツリー。(怖くて近寄れませんでした。)
b0011412_116539.jpg

このほかにも、猫の飾りの木や、彼女の父親のオーナメントコレクションで飾られた木など、家中クリスマス一色でした。
まだまだ、アメリカ人への道のりは長い・・・・・・。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-20 11:07 | ありふれた日常

リハーサルディナー

木曜日は、友人の結婚式のリハーサルディナー。
日本でキリスト教式の結婚式を挙げる場合、本人たちと牧師、式場関係者が式の流れを事前に打ち合わせするかと思います。
アメリカでは、通常、その他にベストマン、メイドオブオナー、グルームメン、ブライズメイド、フラワーガール、リングベアラー等、いろいろな役目を果たす友人たちが結婚式に立ち会うことになります。
その式に関係する友人たちが式に先立って集まって、リハーサルをし、そのまま夕食を共にして、友好を深めるのが一般的なリハーサルディナーです。
今回、私は初めてブライズメイドをすることになり、リハーサルに出席したのですが、
自分の結婚式以上に緊張しました。(自分のだったら間違っても笑って終わりですが、人の結婚式をぶちこわしにはできないし・・・。)
式の最中以外にも、ブライズメイドは、着替えを手伝ったり、式にかかわる業者への支払いやチップを払ったり、いわゆる日本で言う介添え人さんのような役目をするので、かなり忙しいのですが、友人は、かなりマメな人で、細かく1人ずつに指示を書いた紙を作ってくれていたので、何とか切り抜けられそうです。
リハーサルのあとは、みんなで中華料理屋に行って円卓を囲んでワイワイと和やかなうちにリハーサルディナーは終わりました。
唯一の心配は彼女の母親の式への出席。もちろんリハーサルには現れませんでした。
彼女の兄によると、来るらしいのですが、確定ではなく。
気をもんでしまいます。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-20 10:49 | ありふれた日常

ピーナツバターカップ

前にもうちの夫は甘い物好きってことは書いたかと思いますが、彼は一人で堂々とチョコレート屋さんでお買い物をしてきます。
そんな夫のお気に入りはピーナツバターカップ。
チョコレート屋さんに行くと必ず買ってます。
この時期は、やっぱりクリスマスシーズンということで可愛いチョコがいっぱい出ているようです。
これは、昨日夫が買ってきたもの。
b0011412_1143697.jpg

直径8cmはあります。
かわいいけれど、あまりの大きさに、食べ終わったあとは鼻血がでそうでした・・・・・。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-15 01:16 | ありふれた日常

ブライダルシャワー

この週末は、友人のブライダルシャワー。
およそ20人ばかりの女性が、集まりました。
アメリカでは、結婚前の花嫁さんとその友人たちが集まって、ブライダルシャワーと呼ばれるパーティーをします。
大抵は、花嫁さんにちょっとしたプレゼントを持参します。(例えば、キッチン関係の小物とか、お勧めのレシピ、お洒落な下着とか・・・・。)
時には、ホストからちょっとしたテーマを与えられるので、それにしたがってパーティーは行われます。(前回は、ハローウィンを兼ねていたので、仮装パーティーでしたね。)
今回は、結婚式に関係する言葉を使ったビンゴ大会や、クイズなどが行われました。
私は、前回のブライダルシャワーに引き続き、またゲームに勝ったので、可愛いらしい塩・胡椒入れをいただきました。
b0011412_1175978.jpg


心配していた通り、彼女の母親はブライダルシャワーには、欠席。
それでも、彼女の(未来の)義理の母や姉が、とってもいいシャワーを主催してくれたので、彼女は嬉しそうでした。
次はこの木曜に行われるリハーサル。
そして、日曜にいよいよ結婚式。
人の結婚式ながら、とても楽しみです。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-14 01:22 | ありふれた日常

クリスマス デコレーション

今日は、朝からクライアントとミーティング。
初めて行くお宅だったのですが、まるでビバリーヒルズのような豪邸でした。
b0011412_15463545.jpg

家ごと、クリスマスの飾り付けがされてて、とってもお洒落。
インテリアはさすがに写真を撮りませんでしたが、サンタクロースや、スノーマン、そしてポインセチアなどで、完璧な飾りつけ。
インテリア雑誌にのっているような、センスのよさでした。
こちらは、そのご近所さん。
b0011412_1550461.jpg
b0011412_15501953.jpg

それにしても、アメリカの女性は飾りつけが上手です。
クリスマスにかける情熱もお金も、私には全然かないません。
とは言っても、さすがに、うちも何とかしようって気になったので、とりあえず、暖炉に靴下の飾りつけ。
b0011412_15524968.jpg

ぼちぼち、飾りをそろえていくことにします。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-10 15:53 | ありふれた日常

花嫁の気持ち。

今週末は、親しい友人のブライダルシャワー。
そしてその次の週末は、いよいよ結婚式。
2人が出会った頃から知っている私にとっては、なんとも言えず、感慨が深いものです。
出会ってから既に4年以上。
泣き笑い、全てのエピソードを知っている私は、母親でもないのに、これからどうやって、2人の個性の違いをうまく調和していくのかなぁと、ちょっと心配したりするのでした。

それにしても、彼女の母親がこの期に及んで結婚式に来ないかもしれないのが気がかり。
彼女の母親は、聞きしに勝る曲者。
高校生のときに、父親を心臓発作で失った彼女にとっては、唯一の親なのに、はちゃめちゃな理論で、長いこと彼女を翻弄してきました。

ある日のこと。
車を運転しない母親を助手席に乗せて、LAからサンディエゴまで運転する車内。
彼女 「ちょっと、トイレ休憩するよ。」
母親 「止まったらダメよ。サンディエゴでトイレに行けばいいじゃない。」
彼女 「・・・・・・・・・・・。だって、サンディエゴまで75Mile/Hourで走っても、あと1時間半はかかるのよ。お母さんだってのど渇いたりしてるんじゃない?」
母親 「止まったら、絶対許さないわよ!!」
彼女 「・・・・・・・・・・。(仕方なく運転を続ける。)」
40分後・・・・・。
彼女 「やっぱりどうしても、トイレ休憩が必要だから止まるわ。」
母親 「あなた、母親の言うことが聞けないの?誰が生んであげたと思っているの?」
彼女 「・・・・・・。」
そして、さらに20分後・・・・・。
どうしてもトイレに行きたくて、無言でハイウェイを降りる彼女。
そして母親、怒り爆発!!
この出来事を機に、母親は、彼女と言葉を交わさないストライキを2ヶ月実行。
そんな些細なことで・・・・・・。

そして、婚約が決まってから。
彼女 「とうとう、プロポーズされたの。」
母親 「私は、あの男、好きじゃないわ。」
彼女 「結婚式のことだけど、身内でこじんまりって考えているんだけど。」
母親 「そんな恥ずかしいこと許しません。」
彼女 「例えば、式は親族だけでして、パーティーに友人とかを呼ぶのはどう?」
母親 「結婚式のお金も出せないほど、貧乏なの?」
彼女 「そうじゃなくて、親しい人に祝ってもらえればそれでいいの。」
母親 「私の親戚一同は、全員招待するんでしょうね?」(母親の親戚だけで80人近くいる。そのうち8割は名前も知らないほとんど交流のない親族。)
彼女 「・・・・・・・・・・・。」
結局、彼女もそのフィアンセも、母親の絶対的な意志に折れ、招待客はかなりの数に。

彼女 「結婚式のことで電話したんだけど。」
母親 「のどの具合が悪いわ。」
彼女 「大丈夫?」
母親 「大丈夫なわけないじゃない。私の痛みなんか、これっぽっちもわからないのね。」
彼女 「何かできることある?」
母親 「あるわけないでしょ。(そしてがちゃ切り)」

そしてしばらくの間(約4ヶ月)毎週末電話をかけるも居留守。
毎回メッセージを残す彼女。
そして、結婚式まで残すところ2ヶ月。
やっと電話をとるようになった母親。

彼女 「結婚式の場所を決めたのよ。」
母親 「私は行かないわ。」
彼女 「どうして?」
母親 「だって遠いし、大変だもの。」
彼女 「・・・・・・・・・。」

悩む彼女。
そして、何も知らない彼の両親。
「彼女の母親が結婚式に来ないかもしれない。」ときいて、LAからサンディエゴまで、迎えに行こうか?と言ってくれた。

彼女 「もし、遠くて大変なら、彼のご両親が迎えに言ってくれるって。」
母親 「何であんたはそんなに私の人生をめちゃくちゃにしたいの?」
彼女 「・・・・・・・・・・・・?」

結局、彼女は母親に、来ても来なくても自由だけど、来てくれるとうれしいってことを伝えたそうです。もともと、こじんまりしたかった結婚式を母親のために大きなものにしたののに、この期に及んで、絶対に来ないと言い張る母親。そして、その母親の態度に我慢の許容量を超えたフィアンセ。2人の間に挟まれている彼女が気の毒です。
どこの夫婦も、程度の差こそあれ、それなりに、家族のしきたりなんかに振り回されるとは思いますが、彼女の場合は、かなりきつい。
あと10日の間に彼女の母親が来ることを決心してくれるといいのですが・・・・。
一向に晴れない花嫁の気持ちを思うと胸が痛みます。
[PR]



by tustin1 | 2004-12-09 12:40 | ありふれた日常

Hawaiian Roll

うちの近くに今年の春オープンした韓国人経営のレストラン。
握り寿司は出さないのですが、巻物などの創作寿司とハワイアンBBQをおいてます。
オーナーのステュワートと寿司シェフのジーノは、お馴染みになった私たちがどんな我がままを言っても、「はい、はい。」と聞いてくれます。
そんなわけで、今回は、「Hawaiian Roll」のアレンジ版を注文。
お店で食べることもできるのですが、家でのんびりしたかったので、テイクアウトしてきました。
b0011412_11184882.jpg

このお店では、カルフォルニアロールを、マグロで包んだものをHawaiian Rollと呼ぶのですが、わがままな私は、マグロの代わりにサーモンを。
とろっとしたサーモンが、とっても美味しい!!
お寿司にお味噌汁がついて、$6.95です。(お手ごろでしょ?)

私たち夫婦の唯一の心配は、お店の営業成績。
ショッピングセンターの中でも、ちょっと隠れたようなこのレストラン、昼間はともかく、夜は閑古鳥が鳴いているのです・・・・・。(美味しいのに、なんでっ!!)
夫婦で、2週間に1度は、行ってしまいます。

お近くの方は、ぜひ試してください。


Maui Island BBQ & Roll
13931 Carroll Way, Tustin, CA92780
Tel: 714-838-4130
[PR]



by tustin1 | 2004-12-09 11:25 | ありふれた日常

ありふれた日常の記録&ちびすけの成長の記録
by tustin1
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お知らせ
当ブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとうれしいです。
また、当ブログに掲載の写真の無断転用はご遠慮ください。
本文とは関係のないコメントやトラックバックは、スパムとして削除させていただくことがありますのでご了承ください。



児童虐待防止のために わたしにできること。あなたにもできること。

子ども虐待防止 オレンジリボン運動

このブログを英語で読む
English Here(Note: This function may not transulate the original correctly......)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
はじめに
ありふれた日常
食文化
建築物
外国語
読んだ本
思い出たち
観た映画
ちょっとだけ真面目な話
プレママライフ
ちびすけ0ヶ月
ちびすけ1ヶ月
ちびすけ2ヶ月
ちびすけ3ヶ月
ちびすけ4ヶ月
ちびすけ5ヶ月
ちびすけ6ヶ月
ちびすけ7ヶ月
ちびすけ8ヶ月
ちびすけ9ヶ月
ちびすけ10ヶ月
ちびすけ11ヶ月
ちびすけ12ヶ月
ちびすけ13ヶ月
ちびすけ14ヶ月
ちびすけ15ヶ月
ちびすけ16ヶ月
ちびすけ17ヶ月
ちびすけ18ヶ月
ちびすけ19ヶ月
ちびすけ20ヶ月
ちびすけ21ヶ月
ちびすけ22ヶ月
ちびすけ23ヶ月
ちびすけ2歳
ちびすけ2歳1ヶ月
ちびすけ2歳2ヶ月
ちびすけ2歳3ヶ月
ちびすけ2歳4ヶ月
ちびすけ2歳5ヶ月
ちびすけ2歳6ヶ月
ちびすけ2歳7ヶ月
ちびすけ2歳8ヶ月
ちびすけ2歳9ヶ月
ちびすけ2歳10ヶ月
ちびすけ2歳11ヶ月
ちびすけ3歳
ちびすけ3歳1ヶ月
ちびすけ3歳2ヶ月
ちびすけ3歳3ヶ月
ちびすけ3歳4ヶ月
ちびすけ3歳5ヶ月
ちびすけ3歳6ヶ月
ちびすけ3歳7ヶ月
ちびすけ3歳8ヶ月
ちびすけ3歳9ヶ月
ちびすけ3歳10ヶ月
ちびすけ3歳11ヶ月
ちびすけ4歳
ちびすけ4歳1ヶ月
ちびすけ4歳2ヶ月
ちびすけ4歳3ヶ月
ちびすけ4歳4ヶ月
ちびすけ4歳5ヶ月
ちびすけ4歳6ヶ月
ちびすけ4歳7ヶ月
ちびすけ4歳8ヶ月
ちびすけ4歳9ヶ月
ちびすけ4歳10ヶ月
ちびすけ4歳11ヶ月
未分類

最新のトラックバック

ダウンタウン 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
カネゾ氏、初の銀幕鑑賞
from だらだらダラス
My Sister's ..
from My ☆ Life in LA
小僧
from 掬ってみれば無数の刹那
[母 in LA] 4日..
from My ☆ Life in LA

ファン

ブログジャンル

画像一覧