なんとなくカリフォルニア

カテゴリ:建築物( 24 )




Dwell On Design

今週は、日曜日も"Dwell on Design"という展示会のために出勤だったので、LAのダウンタウンにあるコンベンションセンターへ。エコやコンテンポラリーデザインなどで有名な雑誌のDwell主催だっただけに、会場には面白いものがたくさんありました。

これは、いわゆるプレハブ小屋。(アメリカで言うところのトレーラーホーム) プレハブとは思えないほどかっこいいデザインで、すべてをコンパクトに無駄なくデザインされていて、とっても感心しました。
b0011412_1473596.jpg

これは、紙でできた照明や家具。
b0011412_14123858.jpg

これは、ホームレスを支援しているNGO団体が考案したダンボールの家。折りたためるのでかさばらずに、移動が出来ます。ホームレスだけではなく、災害時の緊急シェルターとしても使えるようです。
b0011412_1412760.jpg

他にも、たくさんのアーティストが、個性的な作品を展示してました。

展示会ということで、朝から大勢の人に同じことを繰り返し繰り返し話さなければならなくて、終わりのほうは、思考能力が完全に停止しているのに、口は勝手に商品説明をしているという不思議な状態になってました。私の担当は1日だけだったから良かったものの、3日間出ずっぱりの人はかなり大変そうでした。
あー疲れた・・・。
[PR]



by tustin1 | 2011-06-26 14:03 | 建築物

ダウンタウン散策

小雪がちらつく月曜の朝、お昼寝をするという夫とちびすけをホテルに残して、1人でぶらぶらダウンタウンを散策してみました。小さなシカゴとも揶揄されるミルウォーキー。ダウンタウンには、特にいろいろなスタイルの建物がたくさんあるので、見ていてとても楽しい。
これは、中央図書館。
b0011412_12315598.jpg

NYの中央図書館よりも立派な感じがするのは気のせいでしょうか?
街のいたるところにある教会も、ゴシック調から、近代的なデザインまであって、面白い。
b0011412_1234297.jpg

このアパートメントは、なんと築100年。味があります。
b0011412_12351117.jpg

そしていかにも、クリスマスなMilwaukee Club House。
b0011412_12355330.jpg

ちょっと笑えたのが、壁一面がだまし絵のビル。
b0011412_12364996.jpg

偽の窓に映る向かいのビルまで描いてあって、なかなか手が込んでます。
たったの数時間のお散歩でしたが、のんびり建物見物をして、久しぶりに自分の時間を満喫しました。
[PR]



by tustin1 | 2008-12-08 12:26 | 建築物

ひさびさに仕事の話。

土曜日の午前、先週工事を終了したクライアントの家にお邪魔してきました。
このクライアント、筋金入りのアンティークのコレクター。
家の中はまるで美術館のようです。
特に、17世紀ごろのイタリアのアンティークが好きなので、想像するだけでくらくらするような金額のアンティークがそこここに置いてあります。
そんなクライアントですが、家は、いわゆるTract House(分譲住宅)。
ありとあらゆるアップグレードをしても、Builderが備え付けたキッチンだけはなぜか手をつけていなかったので、今回、やっと重い腰を上げて、キッチンの改築を決意したそうです。

これが、改築前。
b0011412_29030.jpg

そして、これが改築後。
b0011412_292591.jpg


自分の好みにはものすごくうるさいのに、肝心な所は優柔不断のクライアント。
すべて、私に最終決定のお伺いをたててくるのが、なんだかかわいらしい。
このストーブも、自分の中で絶対にこれって決めているのに、背中を押されるまで、オーダーしない。
b0011412_2174364.jpg

彼の本業は凄腕の弁護士ということもあって、(アメリカの弁護士は、気に入らないことがあると、なんでも訴訟に持っていくので、みんなビジネスをしたがらないのです。)私も人一倍気を使ってこのプロジェクトにかかわったのですが、最後に、クライアントに「Very Happy」といわれるまでは、気が抜けませんでした。

ちなみに、こちらがクライアントの家の前庭。
b0011412_2213196.jpg

まるでディズニーランドのようです。

そして、これは去年施工した、このクライアントを紹介してくれたお向かいさんのキッチン。
b0011412_2344356.jpg

同じフロアープランでも、全然雰囲気が違います。
デザイナーの仕事というのは、他人のお金を使って、いろんなデザインを実現してしまうという楽しい仕事。今回の仕事も、自分の家では絶対にしないであろうディーテールをふんだんに施して、とっても面白かったです。
[PR]



by tustin1 | 2008-11-10 02:58 | 建築物

Ward of Mouth

今日は、久しぶりに仕事の記事をUP。
プライムローンの破綻など、景気の悪いニュースが多い最近のアメリカ。
じょ~じくんが、いくら、「鈍化しただけで、後退したわけではない!!」と会見しても、やっぱり景気は後退気味です。
景気が後退してまず打撃を受けるのが、お花屋さん、そして、建設業。
そんなわけで、勤務先の業績も、やや停滞気味です。
とはいっても、幸いなことに、ほとんどの取引が「Word of Mouth」(つまり、紹介)のお客さんなので、見積もりを出せば、大体仕事が取れるという恵まれた環境なので、他社に比べると打撃は少ないようです。

これは、私が手がけたキッチンの改築の写真。

M邸 改築前
b0011412_1391294.jpg

M邸 改築後
b0011412_13113858.jpg

レイアウトを変えただけで、随分印象が変わりました。

そしてこれはその2軒となりのF邸

F邸 改築前
b0011412_1313574.jpg

F邸 改築後
b0011412_13134578.jpg


元のレイアウトはまったく同じなのですが、それぞれのクライアントの希望に沿った形で改築したら、雰囲気の違う2つのキッチンに出来上がりました。
Fご夫妻はMご夫妻の紹介だったのですがで、完成後、お互いの家をチェックしあったそうです。
どちらのご夫婦とも、「自分のキッチンの方が好き。」といってくれたので、デザイナーとしては一安心です。

先週は、Fご夫妻のお友達のお宅へ打ち合わせに行き、そして今日は、また別のクライアントの紹介のお宅に打ち合わせに行ってきました。
こうやって、「Word of Mouth」の力で、仕事がどんどん来るということは、本当に幸せなことです。また、1人でも多くの「Happyな」クライアントを増やすべく、頑張らなきゃなぁとつくづく思います。
[PR]



by tustin1 | 2008-04-10 13:32 | 建築物

NY旅行 2日目

NY旅行二日目は、美術館巡り。
街角のカフェで軽く朝食をとったあと、グッゲンハイム美術館へ。
この美術館は、アメリカの建築家、F.L.ライトのデザインで、らせん状の回廊がとてもユニークな建物。今回、外観は改装中で見ることができませんでした。
これは、エントランスから見上げたときの天井。
b0011412_1142454.jpg

開館少し前に着いたのですが、ピカソ展が開催されている事もあって、すでに長蛇の列が出来ていました。
列に並んで、やっと館内に入ったものの、チケット売り場までさらに長い列。
母も私も、絵画そのものよりも、建物を見たかったこともあって、結局チケットは購入せず、併設のギフトショップで買い物をしただけで、出てきてしまいました・・・・・。
お次はグッゲンハイム美術館のすぐ近くにある、クーパー・ヒューイット国立デザイン美術館へ。なんとこちらも改装中。室内の改装をしているとのことで、中に入れず。
またしても、ギフトショップとエントランスだけ見学。
すっかり出足からこけてしまった私たちは、セントラルパークをお散歩したあと、映画、「You Got Mail」でも使われた、Cafe Laloへ。
b0011412_1117354.jpg

数え切れないほどの種類のケーキが自慢というだけあって、ショーケースのなかは、色鮮やかなケーキが並んでいました。
ここで、ちょっとゆっくり休憩。
そのあとは、気を取り直してMOMAへ。
日本人建築家、谷口吉生によるデザインで2004年に改築が終わったMOMA。
かなり楽しみにしていたのですがこちらも大行列。
頑張って並んで入ってもよかったのですが、あまりの人ごみに、負けてしまいました・・・・。
結局、ミッドタウンをうろうろしながらショッピング。
これは、ロックフェラーセンター前にあるSt. Patrick's Cathedral。
b0011412_1139593.jpg

夜はブロードウィでミュージカルを見る予定だったので早めにホテルに戻ってのんびりしました。
NYに来たからには、一度はブロードウェイでミュージカルを見たい!!と思っていたので、今回は、早々と「Mamma Mia!」を予約。
ABBAの曲にあわせて進むストーリー、芸達者な役者たちのお陰で、会場は大盛り上がりでした。
母も、とっても楽しめたそうなので、よかったです。
[PR]



by tustin1 | 2007-01-25 11:40 | 建築物

NY旅行 1日目

今更ながら二ヶ月も前のNY旅行の記事をUP。
サンクスギビングは、毎年恒例の友人一家とイタリアンサンクスギビングディナー。
そして翌日の朝、NYへむけて出発しました。
長年NYに行くのが夢だったという母と2人、夫をカルフォルニアに置き去りにして、母娘2人旅に行ってきました。
朝の便をとっても、時差の関係でNYについたのは夕方4時過ぎ。
とりあえず、マンハッタン行きのバスに乗ってホテルへ。
グランドセントラル駅から程近い、ミッドタウンのホテルにチェックインしました。
これは、NYのシンボル的建築物のひとつ、クライスラービル。
b0011412_4275873.jpg

車のホイールからアイデアを取ったと言われるアールデコ調のこのビルは、私の好きな建築物のひとつ。ホテルから見えるこのビルを見るたびに、あぁ、NYに来てるんだなぁと思わせてくれます。

ホテルで一休みして、「さぁ、美味しいものを食べよう!!」と張り切って繰り出したのはよかったのですが、母の、「あ、お寿司屋さんがある。ここにしましょうよ♪」の一言であえなくホテル近くの寿司屋に決定。
美味しいレストランが星の数ほどあるNYで、ホテルを出て初めて目に入ったレストランに入ってしまったという出だしに、ちょっとずっこけ気味の2人なのでした。
夕食の後は、5番街のあたりをうろうろ。
ロックフェラーセンターは、クリスマスの飾り付けでとっても奇麗。
b0011412_4311926.jpg

サンクスギビングの翌日は、「ブラックフライデー」と呼ばれる、年に一度の大バーゲン。
ほとんどの小売店で閉店時間が延長されていたので、母のショッピングには好都合でした。
[PR]



by tustin1 | 2007-01-21 04:34 | 建築物

シカゴ散策

今回の旅行で、ひそかに楽しみにしていたのが、建築ツアーに参加すること。
b0011412_15102489.jpg

シカゴには有名な建物が沢山あるのですが、今回はF.L.Wrightが設計したRobie邸の見学ツアーに行ってきました。
これは、シカゴ大学近くの街並みと教会。
b0011412_158561.jpg

b0011412_1591171.jpg

そして、これがRobie邸。
b0011412_1140328.jpg

F.L.Wrightは、私のお気に入りの建築家の1人で、母校の校舎がWright設計だったこともあってとても愛着があります。代表的な作品としては、落水荘、NYのグッゲンハイム美術館、ロビー邸、タリヤセン、旧帝国ホテル(今は明治村に保存されている)などがありますが、どの作品も細部まで彼の気遣いが行き渡っていて、100年近く経った今でも、斬新で、そして、名作として多くの人に愛されています。(くわしくは、Frank Lloyd Wright Foundation、またはF.L.Wright Preservation Trustをチェックしてみてください。)
Wrightは親日家としても知られていて、作品のあちらこちらに浮世絵や日本建築の影響がみらるのは、彼を近しく感じることのひとつでもあります。
実は、大学2年生のときに、建築専攻の同期とアメリカ縦断F.L.Wright建築ツアーを計画して、LA、NY、シカゴ、ピッツバーグと建築三昧の旅をしたことがあります。そのときにもこのツアーに参加したのですが、なんせ当時の英会話力は、旅行英語もままならない程度。
ツアーガイドの話は、右の耳から左の耳へただ通過するだけで、やっとわかった単語が、「キャンティレバー」と「プレーリースタイル」(どちらもF.L.Wright建築特有の建築に使われている建築用語)だけ。「ちゃんと英語を勉強しておけばよかった・・・。」と後悔したのを思い出します。
あれから時は流れ、今回はさすがに在米8年なので、ちゃんと理解できました。
今回、Robie邸は改修中でしたが、Studioのほうは改修が終わっているそうなので
次回シカゴに来た際は、Studioツアーに参加してみようと思います。
建築に興味のある人はもちろん、特に建築に興味のない人も、楽しめるツアーなので、シカゴへお越しの際はぜひお試しを。
[PR]



by tustin1 | 2006-11-01 15:11 | 建築物

ミルウォーキー散策2

ミルウォーキーの街並みの写真をもう少し。
これは、ダウンタウンで見かけた古い建物。
b0011412_14183156.jpg

b0011412_14251765.jpg

そしてこちらは裁判所。
b0011412_1421226.jpg

世界一大きい時計のある建物。(ロンドンのビックベンよりも大きいらしい。)
b0011412_14233855.jpg

まだまだ、紹介したい建物はあるのですが、今回撮ったのはこれくらい。
またの機会にご紹介します。
[PR]



by Tustin1 | 2006-10-30 14:38 | 建築物

ミルウォーキー散策

ミルウォーキーを滞在中、何と言っても目についたのは、紅葉した木々と美しい建築物。
同じアメリカなのに、南カルフォルニアと、ミルウォーキーでは全然建物の種類が違います。
南カルフォルニアでは、スタッコ塗装やサイディングの外壁が多いのに比べると、ミルウォーキーには地震がないせいか、石造りやMid West特有の「Cream City Brick」と呼ばれる、クリーム色のレンガ造りの建物が多く見られます。
南カルフォルニアでは、特に歴史保存地区ではない限り、古い建物は取り壊されて、新しく建てかえられることが多いのですが、ミルウォーキーでは随分と古い建物に手を入れて、大切に保存されているようでした。特に、ミルウォーキーにはカソリック教会が多く、教会が3,4軒隣同士なんてこともあるくらい。
これは、その歴史ある教会の数々。
b0011412_1314257.jpg

b0011412_13205691.jpg

b0011412_13403675.jpg

ミルウォーキーは、イタリア系、ポーランド系、ドイツ系の移民が多いからか、建物もどこかヨーロッパ風。ただ、ヨーロッパのように町全体の雰囲気が統一されているわけではないので、ちぐはぐな感じは否めません。
それでも、街のあちらこちらに点在する、歴史、情緒あふれる建物に出会うと、思わず写真を撮らずにはいられませんでした。
[PR]



by Tustin1 | 2006-10-30 14:14 | 建築物

スペインの街並み

かなり古い話になってしまうのですが、夫がバルセロナに出張に行ったときに、撮ってきてくれた写真をUPしてみます。
私の、「い~な。い~な。スペインに行けるなんて。ガウディの建築とか見てこられるんでしょ?連れて行ってくれないなら写真撮ってきて」なんていうリクエストを背負って出かけていったのですが、なにせ、出張中はびっちりスケジュールが詰まっていた夫。
撮ってきた写真は、20枚ほどでした・・・・・。

これは、バルセロナ市内を移動中に撮ったらしい街並み。
b0011412_1325326.jpg

b0011412_13255380.jpg

LAにはない、歴史を刻んだ情緒あふれる感じがします。

これは、駅の構内。
b0011412_1327929.jpg


そしてこれは会社の同僚といったレストランらしい。
b0011412_13281715.jpg


結局、1時間の観光もしないまま帰って来た夫でしたが、かなりバルセロナを気に入った様子で「今度は2人で一緒に行こう!!」とバケーションの候補地のひとつにまでなったようです。(やった~っ!!)

そしてこれが、スペインからのお土産。
b0011412_1332323.jpg

ガウディ風の小物入れと、建築の本でした。

あ~。私も近いうちにスペインに行ってみたいなぁ。
[PR]



by tustin1 | 2006-08-12 13:34 | 建築物

ありふれた日常の記録&ちびすけの成長の記録
by tustin1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ
当ブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとうれしいです。
また、当ブログに掲載の写真の無断転用はご遠慮ください。
本文とは関係のないコメントやトラックバックは、スパムとして削除させていただくことがありますのでご了承ください。



児童虐待防止のために わたしにできること。あなたにもできること。

子ども虐待防止 オレンジリボン運動

このブログを英語で読む
English Here(Note: This function may not transulate the original correctly......)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
はじめに
ありふれた日常
食文化
建築物
外国語
読んだ本
思い出たち
観た映画
ちょっとだけ真面目な話
プレママライフ
ちびすけ0ヶ月
ちびすけ1ヶ月
ちびすけ2ヶ月
ちびすけ3ヶ月
ちびすけ4ヶ月
ちびすけ5ヶ月
ちびすけ6ヶ月
ちびすけ7ヶ月
ちびすけ8ヶ月
ちびすけ9ヶ月
ちびすけ10ヶ月
ちびすけ11ヶ月
ちびすけ12ヶ月
ちびすけ13ヶ月
ちびすけ14ヶ月
ちびすけ15ヶ月
ちびすけ16ヶ月
ちびすけ17ヶ月
ちびすけ18ヶ月
ちびすけ19ヶ月
ちびすけ20ヶ月
ちびすけ21ヶ月
ちびすけ22ヶ月
ちびすけ23ヶ月
ちびすけ2歳
ちびすけ2歳1ヶ月
ちびすけ2歳2ヶ月
ちびすけ2歳3ヶ月
ちびすけ2歳4ヶ月
ちびすけ2歳5ヶ月
ちびすけ2歳6ヶ月
ちびすけ2歳7ヶ月
ちびすけ2歳8ヶ月
ちびすけ2歳9ヶ月
ちびすけ2歳10ヶ月
ちびすけ2歳11ヶ月
ちびすけ3歳
ちびすけ3歳1ヶ月
ちびすけ3歳2ヶ月
ちびすけ3歳3ヶ月
ちびすけ3歳4ヶ月
ちびすけ3歳5ヶ月
ちびすけ3歳6ヶ月
ちびすけ3歳7ヶ月
ちびすけ3歳8ヶ月
ちびすけ3歳9ヶ月
ちびすけ3歳10ヶ月
ちびすけ3歳11ヶ月
ちびすけ4歳
ちびすけ4歳1ヶ月
ちびすけ4歳2ヶ月
ちびすけ4歳3ヶ月
ちびすけ4歳4ヶ月
ちびすけ4歳5ヶ月
ちびすけ4歳6ヶ月
ちびすけ4歳7ヶ月
ちびすけ4歳8ヶ月
ちびすけ4歳9ヶ月
ちびすけ4歳10ヶ月
ちびすけ4歳11ヶ月
未分類

最新のトラックバック

ダウンタウン 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
カネゾ氏、初の銀幕鑑賞
from だらだらダラス
My Sister's ..
from My ☆ Life in LA
小僧
from 掬ってみれば無数の刹那
[母 in LA] 4日..
from My ☆ Life in LA

ファン

ブログジャンル

画像一覧